50代の転職に介護がおすすめの理由

50代の転職に介護がおすすめの理由

50代で転職したいと思っている方は多いです。しかし、50代ではスキルが求められるため、基本的にそれまで働いていた業界の他の会社に転職する方が多いです。それまでの経験が生かせない、もしくは新しい仕事に就きたいと思っている方には介護がおすすめです。その理由はいくつかあります。
まず、未経験でも歓迎されていることです。介護業界は人手不足であるため、労働力があれば基本的に採用されます。また、未経験者向けの研修や、介護職員初任者研修という介護職の初級資格取得の費用負担をしてくれる会社もたくさんありますので、未経験の50代でもすぐに慣れてスキルアップを狙える業界です。
また、介護に従事する方の平均年齢は46.8歳で、50代の方とっては同世代の方がたくさんいらっしゃるため、馴染みやすいと言えます。
さらに、実は介護業界においては50代という年齢は強みになります。なぜなら、お客様の年齢が60代70代もしくは80代90代の体の不自由な方であり、そのような方々の気持ちを想像するのは20代の健康的な方では難しく、50代の少し体の節々が痛くなってきた方のほうが想像しやすいからです。
その上、介護系の資格取得には年齢上限がないため、働いて知識を蓄えれば蓄えるほどキャリアアップを狙うことができます。体が健康的であれば、60代以降も働くことができるため、長い人生のキャリアとしてはメリットのある選択肢と言えるでしょう。
50代の転職に介護がおすすめな理由を紹介してきました。より良い選択肢を選び前向きに働きましょう。