40代の転職にタクシー運転手がおすすめの理由

40代の転職にタクシー運転手がおすすめの理由

40代で転職する方はたくさんいらっしゃいます。社会人になってから、一つの会社で働き続けた人も、転職を繰り返し様々な職種で色々な経験をした人もいます。そのような方たちが自分の意思で、もしくは残念ながら会社が倒産したという理由で転職するわけですが、採用する側にとって、40代を採用することにはそれなりにリスクが伴います。スキルのある40代であれば歓迎できますが、全くの未経験の40代は教育コストがかかる割に、20代より未来の働く時間が小さいため、どうしても敬遠されてしまいます。そのような事情の中、タクシードライバーは過去の経験がほとんど問われることなく未経験の40代でも難なく転職することができます。
実はタクシー業界の労働者の平均年齢は50代で、40代というのはタクシー業界においては若手です。だから未経験でも問題ないわけです。また、運転のデータを取ると、40代は全年齢の中で最も事故の可能性が低い年代になります。免許を取ってからプライベートである程度運転をこなし、運転の危険性と利便性を十分わかっているため、事故を起こしにくいのです。
また、実はタクシー運転手は年収がそれなりに高いです。年収の全国平均は300万円ほど、東京都内の平均は440万円ほどです。40代未経験にしてはかなり稼げる方だと思います。さらに、タクシー運転手は歩合制であるため、お客様を届ければ届けるほど高い年収がもらえます。働き甲斐のある業界だと言えます。
40代の転職にタクシー運転手を勧める理由を解説してみました。前向きな転職を心がけましょう。